当スクールPFCに対する誹謗中傷サイトにご注意ください
詳しくはコチラからご確認ください

週報ランキング 2020/11/30〜2020/12/4

PFC FX FXスクール コミュニティ 詐欺 評判
週報ランキング 2020/11/30〜2020/12/4 | PFC - FX Trading School

日々のトレードお疲れ様です。

また、ランクインされた方々おめでとうございます。

12月に入り、今年も残す所あと1ヶ月になりました。

皆様今年のトレードはいかがでしたでしょうか?

・始めたばかりでまだ利益を出せていない方
・まだ学習が足りてなく、利益を出せていない方
・プラマイゼロ状態の方
・安定して利益を出せている方
・安定してはいないけど、必要に応じて利益を出せる方

などなど色々な状況の方がいらっしゃるかと思いますが、今年トレードの調子が悪かった人は来年は調子が良くなるように、また今年トレードの調子が良かった人は来年も調子がいい状態をキープできるように、今のうちから今年の総括を行っておきましょう。

学習は時間や労力を費やすことから基本的には苦痛を伴うものではありますが、学習をしなければ知識や技術を身につけることはできません。

しかし学習に対して苦手意識を持っている方も少なくはなく、その関係から学習に対してなかなか食指が動かないということも往々にしてありえます。

学習をしようと心では決めたはずなのに、どうしても身体がついてこないということで学習を行えないことは非常にもったいないことですので、今回はその学習に対しての苦手意識を克服するための「学習への苦手意識の克服方法」についてお話します。

苦手意識を持つ原因

学生時代に親から「勉強しなさい」と言われた経験がある方も多いのでは無いでしょうか。

学習自体が好きだったり、学習することによって自分自身が成長することが好きだったりする方以外は、基本的に「学習することが好きだ」という方は少ないのが現状ではありますが、その主たる原因は学習に対する心理的ストレスです。

基本的に学習は「時間と労力」を使ってしまうからこそ、その他のことに対してかけられる時間と労力が減ってしまうというデメリットを持っています。

そのデメリットが「学習のせいで好きなことができない」「わざわざ労力をかけるなんて面倒だ」などと感じ、それが心理的ストレスとなり学習に対して苦手意識を生んでいるのです。

だからこそ「必要性」がなければ、学習に対して時間や労力を費やしたいと思わない人が一般的に見れば圧倒的多数となっているのです。

上記したように、学習に対して苦手意識を持っている方は「何らかの理由によって学習に対して心理的ストレスを感じている」からこそ学習に対して苦手意識を持っているのですが、なぜそもそも学習に対して心理的ストレスを抱えているのかというと

・そもそも学習のやり方を知らない
・学習はしたけど効果を実感していない

などといった理由で「学習することの楽しさ」を見出していないからこそ心理的ストレスに感じてしまっているのです。

学習への苦手意識を克服する方法

上記したように、学習に対して苦手意識を持っている方は学習に対しての心理的ストレスを抱いてしまっているから苦手意識を持っており、その原因は「学習に対して楽しさを見出していないから」という事になります。

しかし逆に考えれば「学習の楽しささえ見いだせれば学習に対しての苦手意識を克服できる」ということにもなります。

つまり「何らかの方法を用いて、学習の楽しさを見出す」ことができれば、学習に対しての苦手意識を克服できるのです。

そこで今回は学習に対して楽しさを見出すことができるようになるような学習方法をピックアップしてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

1.正しい学習法で学習する

学習のコツやテクニックは無数に存在していますが、基本的に学習する際の「工程」は決まっています。

その正しい工程を踏まずに学習をしていると非常に効率の悪い学習になってしまい、結果として知識や技術が身につかず、学習の成果を実感できず「学習しても意味がない」と考えてしまい、そのネガティブイメージから学習に対して苦手意識を持ってしまいます。

だからこそ学習する際は「正しい学習法」で学習する必要があります。

では具体的に正しい学習法はどのようにして行うかというと

①学習内容を決め、学習計画を立てる
②インプット学習を行う
③振り返り学習を行う
④アウトプット学習を行う
⑤フィードバックを得る

という工程で行います。

学習において成果を実感できなかったり、なかなか学習したことが身につかない方は上記の工程のいずれかを省略してしまっているからこそ結果的に効果的ではない学習をしてしまっており、それが原因で学習内容が身につかない・成果が出ないという結果がもたらされてしまっているのです。

もし現状で上記の工程に沿った学習を行えていない方は、効果的な学習ができていない可能性が極めて高いですので、上記の行程に沿うような形で学習をするようにしましょう。

2.学習をゲーム化する

ついつい楽しくてやってしまうゲーム。

そのゲームの要素を学習に取り入れることを「ゲーミフィケーション」といい、昨今では企業の研修や学習アプリなどにもこのゲーミフィケーションは応用されています。

すべてのゲームが楽しいかと言われればそうではありませんし、人によって何が楽しいと思うかは人それぞれですが、人間が心理的に「楽しい」と思うような仕掛けをふんだんに使ったゲームの要素を取り入れることで、ゲーミフィケーションを取り入れることで「楽しく学習」をすることができます。

学習をゲーミフィケーション化するためには

①目的  (なぜ学習をしなければならないのか)
②クエスト(学習の中での課題の設定)
③報酬  (課題を達成した際のご褒美)
④可視化 (課題の達成のスコア化)

を学習の中に取り入れる必要があります。

上記の項目を学習の中に取り組むことで、まるでゲームを攻略しているかのように学習を行うことができます。

人によって合う合わないはあるかとは思いますが、ゲーミフィケーションを取り入れることで「楽しく学習」することができ、その結果学習に対してのマイナスイメージが払拭され、学習に対して食指が動かないという自体を避けることができますので、もし現状で学習を楽しむことができていなければ、ぜひゲーミフィケーションを導入してみてください。

3.学習内容に興味・関心を持つ

誰しも趣味の1つや2つは持っているかと思いますが、趣味に関する学習に関しては誰しも「嫌々に」やる人はいません。

むしろ趣味に関する学習は進んで学習しようとします。

その理由は、学習する内容に関して「好きだから」に他ならないのですが、それはつまるところ、学習は「好きになる」ことで「進んで学習」することができるようになるということなのです。

しかし、いきなり「好きになれ」と言われても、そう簡単に好きになることができないのが人間です。

そこで有用になってくるのが「興味・関心を持つ」ことです。

誰しも、自身の現在の趣味に対して「最初から好きだった」というわけではなく、最初は「興味・関心」から始まっています。

興味・関心を持った後、実際にやっているうちに興味・関心が「好き」になり、好きになったからこそ「趣味」となっているのです。

だからこそ、学習することに対してたとえ小さなことであっても、なるべく興味・関心を持つように努めることは学習への苦手意識の解消に非常に役に立つということです。

好きこそものの上手なれ。

趣味のように、目先の利益や最終的な利益だけに着目するのではなく「過程」を楽しめるようになれれば学習自体も捗りますので、学習する対象のことを好きになれるよう、まずは学習内容に興味・関心を持つことから始めましょう。

学習への苦手意識を無くし、効果的に学習を行う

学習自体に苦手意識を持っていると、その苦手意識から「学習をしたくない」という心理状態に陥ることがあります。

そうした心理状態の際には「学習を避けてしまう」という行動をとってしまいがちなのですが、そうなってしまっては学習の機会が自ずと減ってしまい、学習の効果が現れるまでに時間がかかったり、学習の効果が現れるまでに時間がかかってしまうからこそ「学習をしても無駄だ」「自分には向いていない」と思ってしまい、結果として学習する事自体を諦めてしまいかねません。

学習に対して苦手意識を持っていると上記のようなマイナスな影響をもたらしてしまうからこそ、学習を成功させる(学習による効果を得る)ためには学習への苦手意識の克服をする必要があります。

今回はその学習に対しての苦手意識の克服するための鍵として「学習の楽しさを見出す」ことと、具体的な苦手意識の克服方法に関してお伝えいたしました。

今回は学習のやり方・進め方、そして学習に対する心の持ちようによる苦手意識の克服方法をご紹介しましたので、比較的簡単に現在の自身の学習に取り組むことができます。

もし現在「なかなか学習に対しての意欲が沸かない」「学習しようとする意欲はあるが、行動が伴わない」というような状況にある方は学習に対して楽しさを見出すことができていない可能性がありますので、今回ご紹介した方法をぜひ試していただければと思います。

記事をシェアする