当スクールPFCに対する誹謗中傷サイトにご注意ください
詳しくはコチラからご確認ください

週報ランキング 2019/11/18~2019/11/22

PFC FX FXスクール コミュニティ 詐欺 評判
週報ランキング 2019/11/18~2019/11/22 | PFC - FX Trading School

日々のトレードお疲れ様です。

ランクインされた方々おめでとうございます!

10月に比べて変動が少なく、相変わらずエントリーチャンスが少ない相場となりましたが、相場は良いときもあれば悪いときもあります。

ですので「チャンスがあるときにしっかり稼ぐ」ということと、「チャンスが無いときにはしっかりと学習する」ということを意識して闇雲にエントリーしないように気をつけていきましょう。

また11月は全般的に「ファンダ要素待ち」の相場になっているので、突発的なファンダ要素による値動きに気をつけてトレードしていきましょう。

当FXスクールPFCに入会いただいている会員様は、もちろん「FXで資産を増やす」ということを目標に日々学習とトレードに励んでいただいているかと思いますが、時には「もっと稼ぎやすいものがあるのでは?」という思いを持つことがあるかと思います。

「資産を増やす」ということを考えれば、世の中にはお金を得る(資産を増やす)方法は多数あり、どの方法でも本人の頑張りによってお金を得ることは可能です。

しかし当スクールが資産構築にFXを含めた「投資」をオススメしている理由があります。

ですので今回は「資産構築するなら投資をするべきその理由」に関してお話しします。

億単位の年収を狙うなら投資をするべき。その理由とは

現代社会において必要不可欠な「お金」。

「愛はお金で買えない」などの言葉もありますが、世の中の大抵のものはお金で買うことができます。

お金持ちに憧れる・憧れないは別として、実際お金が少ないよりは多くあったほうがいいことには変わりありませんし、日常生活を送る上で少なからずお金は必須です。

そんな「現代社会に生きる人間にとって必要不可欠」なお金なのですが、必要不可欠だからこそ「より多く獲得しよう」と思って行動する方は非常に多いです。

・より偏差値の学校を狙うのも
・より専門性の学校を狙うのも
・より就職率のいい学校を狙うのも
・よりスポーツで実績がある学校を狙うのも
・より給料のいい会社に就職・転職するのも
・より高次の資格を得ることも
・より収入の高い異性を選ぶのも

これらは全て「よりお金を多く得るための行動」となります。(夢ややりがい等の場合は例外)

節約に関しても「より自分の手元にお金を残すため」ための行動ですので、我々人間にとって「お金」というものがどれだけ大事なものか分かります。

そんな現代社会に生きる我々にとって必要不可欠なお金なのですが、実はこのような面白いデータがあります。

株・為替などのトレーダー 56.4%
超一流企業の給与所得者 31.8%
事業所得者 7.8%
不動産所有者 2.8%
作家・ミュージシャン 1.2%
’17年度の国税庁統計年報より、所得区分から職業を類推し作成。高給取りの医者や弁護士も組織の長にならない限り、年収1億円は不可能。最も効率が良い職業がトレーダーの様子

引用元:年収1億円は2万人以上!? 資産億超えを成し遂げる人は何が違うのか? | ハーバー・ビジネス・オンライン

上記サイトでは「年収1億円overの職業の割合」を2017年度の国税庁統計年報より作成しているのですが、会社の社長などの事業所得者や一流企業の社員よりも「株・為替などのトレーダー」が56.4%とダントツで割合が高くなっています。

あくまでも「1億円以上の収入を得ている人の職業別割合」ですので「どれだけの金額が稼げるのか」とは全く別の話にはなるのですが、少なからず収入が1億円以上と申告している中で最も人数がいるのが「株・為替などのトレーダー」ということになります。

つまり「株や為替(FX)」というのはそれだけ「年収1億円以上になれるチャンスが多い」ということです。

もちろん他の職種職業で狙ってもいいのですが、次点で割合の多い「超一流起業の給与所得者」に関してはそこまでのプロセスの中に学歴や職歴といった項目が必要になるという制約もありますので、株・為替などのトレーダーに比べるとハードルは高くなります。

だからこそ、高確率でより多くのお金を得ようと思うのであれば「株や為替のトレーダー」を目指すべきなのです。

リスク&リターン

国税庁の申告データから作成された1億円以上の収入を得ている職業職種のうち、株・為替などのトレーダーの割合がダントツで大きいことから、1億円以上の収入を得るためには株・為替などのトレーダーになることが最も効率がよくチャンスがあることを上述しました。

ただし株やFXがお金を得るためのツールとして優秀な一方、そのお金を得るために自らが抱えなければいけないものがあります。

それが「リスク」です。

投資は金銭的リスクを負う代わりに、労働収入よりも優れたリターンを期待できるという特性を持っているのですが、このリスク&リターンは表裏一体で、正比例の関係になります。

つまり「小さな利益を期待すれば金銭的リスクは小さく、大きな利益を期待すれば金銭的リスクは大きくなる」ということです。

このリスクに関してはテクニックで「抑える」ことで、なるべく安全に資産を増やしていく環境を作ることができるのですが、リスク管理を甘く見たり、リスクに対策を打たずに投資を行っていくと資産の消失どころか、最悪自己破産に繋がりかねません。

ですので「投資にリスクはつきもの」という大前提を理解し、そのリスクを最小限に抑えるような形で投資を行う必要があります。

当スクールPFCはFXのスクールですのでFXで例を上げるとするなら、下記項目がリスク対策になります。

・投機的(一か八かのギャンブル)なトレードをしない
・いきなり大きな資金から始めない
・実際にエントリー・トレードする前にきちんと学習する
・根拠のないエントリー・トレードはしない
・自動損切りを外さない

上記はあくまでも例ですが、リスクに対する対策をしっかりと行わないと「FX 失敗談」でネット検索して出てくるようなケースと、自分自身が同じ状況になる可能性があります。

ですのでしっかりとリスクを把握し、リスクへの対策、管理を行いながら投資を行っていきましょう。

投資でリスクヘッジしつつ安心安全に資産を増やすために

以上「資産構築するなら投資をするべきその理由」についてのお話でした。

我々が日常生活を送る上で少なからずお金が必要です。

そしてよりそのお金をより多く得ることで将来的な金銭的不安の解消ができ、安心安全な生活を送ることができます。

より多くのお金を得ることができれば、我々が社会生活営んでいく上での金銭的不安を解消することができるのですが、効率やチャンス(確率含む)求めるのであれば「株や為替のトレーダー」がオススメです。

なぜなら、国税庁統計年報より算出されたデータから、株・為替のトレーダーが1億円以上の年収を申告している人の割合がダントツで高いからです。

株や為替といったいわゆる「投資」が1億円以上の年収を得るための近道で有ることは上記した通りなのですが、一方で投資は「リスク」が存在します。

投資は「リスクの大きさとリターンの大きさ」が正比例する性質を持つため、求めるリターンの大小関係なく、必ずリスクと向き合う必要があります。

ただしそのリスクに常にビクビクしながら投資を行うわけではなく、リスクを最小限に抑えることで「リスクを小さく、リターンを大きく」しながら資産を増やすことが可能です。

リスクを抑えて投資していくためにはそのリスクに対処するための「知識や技術」が必須です。

ですので我々PFCは投資ジャンルであるFXの「スクール」として存在しているのです。

株式投資より初期投資額が安く済みかつ確率論で資産を増やしていけるFXは、資産家でなくとも大きな資産を望めることから「資産がないけど多額の資産を構築したい方」にとって最適なツールです。

ですのでFXで資産を増やす際には「FX 失敗談」でネット検索して出てくるような状態に陥らないためにも、しっかりと「リスク対策・リスク管理」を行うための知識と技術を得ることを意識して学習と反復トレードをしていきましょう。

記事をシェアする